ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222

第一観光TOP > > 第一観光のフェリーツアー > おわら風の盆と新元号ゆかりの高岡市万葉歴史館<往復フェリー利用コース>

A215

福岡発

佐賀発

長崎発

熊本発


おわら風の盆と新元号ゆかりの高岡市万葉歴史館<往復フェリー利用コース>

福岡発

佐賀発

長崎発

熊本発



旅行代金 34,400〜40,000 旅行日数 3泊4日(船中2泊・現地1泊)
出発日 8月 行先 富山・石川方面
料金説明 [小倉・新門司港]@34,400円 / [博多・久留米]@36,800円 / [長崎・佐賀・熊本]@40、000円
※朝1、昼2付
※拝観料・入場料含む
※宿泊は全てシングルルーム利用です
旅行代金 34,400〜40,000
旅行日数 3泊4日(船中2泊・現地1泊)
出発日 8月
行先 富山・石川方面
料金説明 [小倉・新門司港]@34,400円 / [博多・久留米]@36,800円 / [長崎・佐賀・熊本]@40、000円
※朝1、昼2付
※拝観料・入場料含む
※宿泊は全てシングルルーム利用です

早めに帰着

各地発着

イベント・祭り

クルージング

芸術鑑賞

日にち限定



イメージフォト

毎年9月1日から3日間行われる富山県の『おわら風の盆』は、ぜひ一度は見物したい日本の代表的なお祭りの一つです。(※イメージ)©(公社)とやま観光推進機構

毎年9月1日から3日間行われる富山県の『おわら風の盆』は、ぜひ一度は見物したい日本の代表的なお祭りの一つです。(※イメージ)
©(公社)とやま観光推進機構

踊り子たちがそれぞれの個性を持って踊る様は風情に溢れ、観客を魅了します。(※イメージ)©(公社)とやま観光推進機構

踊り子たちがそれぞれの個性を持って踊る様は風情に溢れ、観客を魅了します。(※イメージ)
©(公社)とやま観光推進機構

高岡市万葉歴史館では、新元号『令和』の典拠となった万葉集を特設コーナーで詳しく解説しています。(※イメージ)

高岡市万葉歴史館では、新元号『令和』の典拠となった万葉集を特設コーナーで詳しく解説しています。
(※イメージ)


  • 毎年9月1日から3日間行われる富山県の『おわら風の盆』は、ぜひ一度は見物したい日本の代表的なお祭りの一つです。(※イメージ)©(公社)とやま観光推進機構

    毎年9月1日から3日間行われる富山県の『おわら風の盆』は、ぜひ一度は見物したい日本の代表的なお祭りの一つです。(※イメージ)
    ©(公社)とやま観光推進機構

  • 踊り子たちがそれぞれの個性を持って踊る様は風情に溢れ、観客を魅了します。(※イメージ)©(公社)とやま観光推進機構

    踊り子たちがそれぞれの個性を持って踊る様は風情に溢れ、観客を魅了します。(※イメージ)
    ©(公社)とやま観光推進機構

  • 高岡市万葉歴史館では、新元号『令和』の典拠となった万葉集を特設コーナーで詳しく解説しています。(※イメージ)

    高岡市万葉歴史館では、新元号『令和』の典拠となった万葉集を特設コーナーで詳しく解説しています。
    (※イメージ)

  • 毎年9月1日から3日間行われる富山県の『おわら風の盆』は、ぜひ一度は見物したい日本の代表的なお祭りの一つです。(※イメージ)
    ©(公社)とやま観光推進機構

  • 踊り子たちがそれぞれの個性を持って踊る様は風情に溢れ、観客を魅了します。(※イメージ)
    ©(公社)とやま観光推進機構

  • 高岡市万葉歴史館では、新元号『令和』の典拠となった万葉集を特設コーナーで詳しく解説しています。
    (※イメージ)


ツアーのポイント

胡弓と三味線の音色に合わせ、編笠に浴衣姿の踊り子たちが街並を優雅に踊り流す夏祭り『おわら風の盆』。富山の一大風物詩と、新元号ゆかりの『越中万葉』の歴史館を見学し、芸術・文化を体感するツアーです!
往復の船旅は阪九フェリーのスタンダード洋室利用、快適にお過ごしいただけます。

設定日カレンダー

前月
2019年8月
次月
       
1 
  
  
2 
  
  
3 
  
  
4 
  
  
5 
  
  
6 
  
  
7 
  
  
8 
  
  
9 
  
  
10 
  
  
11 
  
  
12 
  
  
13 
  
  
14 
  
  
15 
  
  
16 
  
  
17 
  
  
18 
  
  
19 
  
  
20 
  
  
21 
  
  
22 
  
  
23 
  
  
24 
  
  
25 
  
  
26 
  
  
27 
  
  
28 
  
  
29 
  
  
30 
  
  
31 
 満席 
  
【催行状況】
★催行見込 ツアーの催行(出発)が確定又はほぼ確定しています。
(その後の予約状況により変わる場合があります)

※お問合せ WEB受付終了。お電話にてお問合せ下さい。
【募集状況】
満 席
現在満席ですが、キャンセル待ち受付可能です。お電話にてお問合せ下さい。
残席わずか
残席わずかです。お急ぎ下さい!
受付中
ご予約可能です。どしどしお申込み下さい!
※カレンダーの受付状況は、 前日または数日前の情報となります事をご了承ください。※「受付中」と表示であっても、空席状況により、キャンセル待ちとなる場合があります。

催行状況・予約状況
★催行見込 ツアーの催行(出発)が確定又はほぼ確定しています。
(その後の予約状況により変わる場合があります)

※お問合せ WEB受付終了。お電話にてお問合せ下さい。
満 席
現在満席ですが、キャンセル待ち受付可能です。お電話にてお問合せ下さい。
残席わずか
残席わずかです。お急ぎ下さい!
受付中
ご予約可能です。どしどしお申込み下さい!
※カレンダーの受付状況は、 前日または数日前の情報となります事をご了承ください。※「受付中」と表示であっても、空席状況により、キャンセル待ちとなる場合があります。

ツアー日程

[1日目]
各地(11:05〜13:40)/博多駅(14:40)/小倉駅(16:10)――新門司港(17:30)〜〜阪九フェリースタンダード洋室(ベッド)利用〜〜<船中泊>


[2日目]
泉大津港(6:00)――金崎宮――厚賀昆布館――今庄きたまえ寿司(ご昼食)――金沢城公園・兼六園 ――倶利加羅不動寺(高野山別格本山を拝観)――高岡(チェックイン後、夕食は各自にて)――(バス乗換え)――おわら風の盆(19:00〜22:00 約3時間見学予定――高岡市内<泊>(23:00頃到着予定)


高岡マンテンホテル TEL:0766-27-0100(洋室)
又は同等クラス


[3日目]
ホテル(8:45頃発)――高岡市万葉歴史館(新元号ゆかり「越中万葉」の歴史館の特設コーナー等を各自見学)――小松 安宅の間・住吉神社(ご参拝)――九谷満月(ご昼食)――越前そばの里(ご試食・お買い物)――泉大津港(17:30)〜〜阪九フェリースタンダード洋室(ベッド)利用〜〜<船中泊>


[4日目]
〜〜〜新門司港(6:00)――小倉(6:50頃)――博多(8:10頃)


≪長崎・佐賀ルート≫ 
長崎駅前(11:05)――諫早駅前(11:35)――大村IC(12:00)――川登SA(12:30)――佐賀駅前(13:20)〜上記と同じ〜佐賀(9:10頃)――川登(9:50頃)―大村(10:20頃)――諫早(10:45頃)――長崎(11:15頃)

≪熊本・久留米ルート≫ 
熊本駅前(11:50)――熊本市民会館(12:00)――植木きくかわ前(12:25)――久留米(13:40)〜上記と同じ〜久留米(8:50頃)――植木(9:55頃)――市民会館(10:15頃)――熊本(10:25頃)

備考

下車観光=緑色入場観光青色お食事・お買物橙色、車窓観光=黒色
※当ツアーにはバスガイドは同行いたしません。
※添乗員同行。
※最少催行人員は30名様(各地送迎ルートは18名様)です。人員が満たない場合は出発中止となります。
※宿泊先のお部屋はすべてシングルルーム利用です。
[利用予定バス会社]大川バス又は同等クラス

注意情報

◆阪九フェリー◆
・往復とも2等部屋利用、男女別相部屋となります。
・船室の等級変更も可能です(追加料金要)。詳しくはお問合せ下さい。
・船内は自由食。レストラン・大浴場があります。
※新門司港集合も可能ですが、新門司港への車の留め置きが出来ませんのでご注意下さい(送り迎え等の乗降は可、駐車は不可)。

このツアーを見ている方におすすめのツアー

おわら風の盆と新元号ゆかりの高岡市万葉歴史館<往路 新幹線・サンダーバード利用/復路フェリー利用コース>

おわら風の盆と新元号ゆかりの高岡市万葉歴史館<往路 新幹線・サンダーバード利用/復路フェリー利用コース>

往路は新新幹線&サンダーバードで金沢までラクラク移動♪ 復路はフェリー利用でゆったりと過ごせます。1名様からの参加も大歓迎です。


9月 2泊3日(船中1泊・現地1泊) 44,800円

「陸」「海」「空」を楽しむ!天橋立と伊根の舟屋

「陸」「海」「空」を楽しむ!天橋立と伊根の舟屋

陸から、海から、空から、3つの視点で日本海の景観を堪能!往復スタンダード洋室のベッド利用で快適な船旅です♪


8〜10月 2泊3日(船中2泊) 17,800〜23,400円



このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2019 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.