ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

バスツアーブログ

第一観光TOP > バスツアーブログ > 城御朱印めぐり第2弾!岐阜三名城&名古屋城!

2019年07月31日

城御朱印めぐり第2弾!岐阜三名城&名古屋城!


バスツアーブログをご覧の皆様、こんにちは。
お遍路係・フェリー企画担当のシバタです!
ついに暑い夏も本番となりましたね。
うちの息子も長い夏休みに入りまして、毎日だらだらと過ごしているようです…

さて皆様はお元気にお過ごしいただいておりますでしょうか。
日頃よりバスツアーにご参加いただきまして誠にありがとうございます。
今年も熱中症対策を万全に、ご旅行をお楽しみください。

今回のブログでは「フェリーコースの旅」話題の人気企画の第2弾をご紹介いたします!

【A256 岐阜三名城&名古屋城「城御朱印」とたっぷり郡上八幡】

4月に実施させていただいた、お城でいただける「城御朱印」めぐりの第2弾です。
この度、第2弾も多くのお客様にご参加いただき実施することが出来ました!
誠にありがとうございます。
そして、私も企画担当者として7月17日出発に添乗同行させていただきました。

今回も往復ベッド利用で、泉大津港へ朝06:00の到着です。
下船後、観光バスに乗換え、まず向かうは1つ目の「城御朱印」めぐり、続日本100名城のひとつ「大垣城」。
こちらは岐阜県大垣市の街の中に佇む平山城で、城内は鉄筋コンクリート作りの全国的にも珍しい4層の天守を持つ名城です。
天下分け目の関ケ原の合戦では西軍の石田三成公の本拠地にもなったお城。





大垣市内は、残念ながら今回は雨。
その為、散策は大変でしたが、初めて訪れる地を思い思いに見ていただきました。

さて続いては、今回のお泊り先でもあります、岐阜県郡上市へと向かいます。
岐阜県は面積が縦横と長く、たくさんの魅力溢れる名所をもつ観光地です。
なお、郡上八幡は日本そして岐阜県のほぼ中央部に位置し、長良川沿いの奥美濃。
自然、情緒溢れる町です。
昼食は郡上八幡城の麓に建つ、ホテル積翠園にてお取りしました。

その後、2つ目の「城御朱印」をいただきに天空の城「郡上八幡城」を目指します。
大型バスではお城近くまで上がれない為、徒歩かタクシーでしか上がれません。
この時も、残念ながらの大雨。
タクシーで上がられる方が半数近くおられました。
私は、歩いて登城される方とご一緒に片道15分の道のりを上らせていただきました!
上り始めは雨がすごく降っていたのですが、徐々にお城に近づくにつれ、雨足は弱くなり、天守閣に上るころには雨があがり、霧の中の幻想的な「郡上八幡城」を見ることが出来ました!







再建から80年を超える日本最古の木造再建城。
城中は木の香りと温もりに包まれます。
また、お客様が天守へと階段を上られる度、木の軋む音が「ギシッ、ギシッ」と鳴ります。
登られた方にしか味わえない、すごく貴重な体験です。
天守最上階からの眺めは、正に天空の城!
霧の中のからの絶景を堪能いたしました。

お時間もたっぷり楽しんでいただき、バスに戻られる頃にはすっかり雨があがりました。
そして1日目の最後は、郡上八幡博覧館の見学と城下町の散策です。





まず博覧館では、郡上市の歴史や観光地、郡上おどりについてのご案内や展示を見て学び、ご説明後には、400年にわたって続けられている『郡上おどり』の実演を観賞。
皆様も踊り子さんの手に合わせ、おどり体験をいたしました。

そして、城下町では現地ガイドさんの案内のもと、風情・趣のある水の町をまち歩きしました。
タイトル通りのたっぷり郡上八幡を堪能していただけたと思います。





さらに宿泊も、郡上市内のホテル郡上八幡へと宿泊。
ゆっくりと温泉も楽しんでいただき、夕食は飛騨牛をはじめとする、豪華お料理にお客様も大満足のご様子でした。



観光2日目。
天気はなんとかもちそうな感じです。
ホテルを出発後、3つ目の「城御朱印」めぐりへ。
岩山の上にそびえる名城「岐阜城」を目指します。

戦国時代は斎藤道三公の居城であり、司馬遼太郎の歴史小説『国盗り物語』にて、その生涯を記し描かれています。
また、この岐阜城の名を天下に示したのは、永禄10年、不世出の英傑、織田信長公が城を攻略し、地方一帯を平定するとともに、地名も「井の口」を「岐阜」と改称し、天下統一の足がかりの本拠地としてからです。
なお、この岐阜城が建つ山は金華山と言い、岐阜城に登城するにはこの山を登ることとなります。
ハイキング等で歩いて登ることもできますが、私たちはロープウェイに乗り金華山山頂へ向かいます。
しかし、山頂駅からは歩いて上がるしかありません!
片道約10分の道のり、展望も楽しみながら、岐阜城を目指します。
天守からの景色は、これまた霧の中からの絶景。
長良川と岐阜市内の街並みが小さく壮大な景色を見ることが出来ました!









そして、最後に訪れたのは、天下の名城「名古屋城」。
こちらも今回の4つ目の「城御朱印」をいただきにめぐりました。
天守閣は再建工事で、入ることが出来ない為、現地案内人さんとともに本丸御殿の見学をしていただきました。
名古屋市内は本当に猛暑で、お客様もヘトヘトになりながらも真剣にお話しをしてくださる案内人さんに耳を傾けていました。





この第2弾、観光も城めぐりも無事に終了し、お客様からは、「今回も良かったよ。」とのお声をいただくことが出来、企画担当者としては本当にありがたいお言葉をいただきました。
今後もお客様に満足していただけるような楽しく多彩な企画造成ができる様、精進して参ります。
これからも「フェリーの旅」ご参加をよろしくお願い致します。

また、「城御朱印」めぐり第3弾 大大大募集中です!
次回は三重県の5つのお城をめぐり、伊勢神宮の朔日まいりもできてしまうという贅沢な企画となっております!
第1・2弾にご参加のお客様、はたまた初めての方もご参加大歓迎です!
何かご質問などがあれば、お気軽に第一観光、柴田宛にお電話をお待ちしています!!



今後とも、第一観光「フェリーの旅」をご愛顧宜しくお願い致します。






このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2019 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.