ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

お遍路日記

第一観光TOP > お遍路日記 > 涅槃の境地へ〜其の五拾五、七年ぶりの阿弥陀さん〜

2015年05月16日

涅槃の境地へ〜其の五拾五、七年ぶりの阿弥陀さん〜


突然ですが、福岡空港で仕事終わりに家族が迎えに来てくれた時のお話をしたいと思います。
夜も遅かったのですが、まだ夕食を食べてなかったので市内某所で食事を済ませて車を進めていた時にその事件は起こりました。

嫁が携帯電話がないと騒ぎ出したので、私が鳴らしてみると確かに音がしません。
本人いわく食事場所に置いてきたということで、車を引き返しながらレシートを頼りに電話してみると、店には無いとの返答でした。
店から距離も走っていたのでもう一度落ち着いて確認を促した所、見事に車中から携帯が見付かりました!
私はこの日の事件をうっかり者にちなんで『サザエさん事件』と名付けることにします(笑)

4月から共働きになり、疲れているのに迎えにこさせて申し訳なかったと“懺悔の気持ち”を持ちなさいという教えだと理解し、涅槃の境地へ一歩近づいた気がする吉田でした。

そんな飛行機を使って伺ったのは、去年の秋にも秩父巡礼でご一緒させて頂いた「西畑観音院 ご一行様」でした。
場所はというと、今年七年に一度の前立ち本尊さんご開帳で賑わう【善光寺】です。
数々の観音巡礼を満願された御礼参りをされてきました。

≪一日目≫
中部国際空港まで空の旅をして、善光寺のご本尊さんが元々あったと伝わる【元善光寺】へ伺いました。
こちらも前立ちご本尊様がご開帳とあって多くの方が参拝されていました。
出発後は諏訪湖周辺で休憩を挟み、全国諏訪神社の総本社と言われる【諏訪大社上社】へ参りました。
私も初めて行ったのですが、温泉の出る御手水がお迎えしてくれました。
荘厳なパワースポットで力を頂いて、その日は別所温泉の方に宿泊しました。
一日目から盛り上がって頂き、宴会後にカラオケまでご一緒して沢山の泡般若、麦般若をご馳走になりました(笑)

≪二日目≫
朝出発し、宿からも程近い【北向観音】まで歩いてお参りしました。
南向きに建立されている善光寺の阿弥陀さんに対して、北向きに建立された観音堂の千手観音さんから、片詣りではなく両方詣るとご利益があるとも伝わっています。
境内の御神木・愛染かつらなども見て頂きました。
当初は他にも歩いてもう二ヶ寺参る予定だったのですが、台風の影響であいにくの天気予報だったので早めに予定を進めました。
高速道路を使って長野インターまで順調に進み、一般道に入ると次第に車が増えていきました。
渋滞はあったものの大幅な遅れはなく、一番の目的地・信州信濃の【善光寺】へと到着しました。
『遠くても一度は詣れ善光寺』という言葉がある通り、やっと着いた!というのが正直な感想でした。
門前で先に昼食を予定していたのですが、まだ早かったのでご案内人さんと一緒に参拝しました。
それにしても沢山の人出で境内では「回向柱を触るまで20分待ち」、「戒壇巡りをするまで1時間待ち」などと放送が流れ「ここはディズニーランドか!」と心の中でツッコミを入れておりました(笑)



そんな人が群がる回向柱へと進み、仏さんとのご縁を結びました。
いつも当社でお世話になっている宿坊の【常住院】さんより、事前にご祈願の申請をしておく良いと伺っていたので、その段取りを組んでおりました。
予期せぬ“お数珠頂戴”もして頂いた後本堂へと進み、常住院さんのアドバイスのお陰で普段は入れない内々陣まで入ってお参りでき、前立の阿弥陀さん間近で手を合わせることが出来ました!
これには皆様感動して大満足を頂きました(喜)
本堂から出ると丁度良い時間でお昼を食べて、午後からは自由散策をして雨が降りだす前に善光寺を後にしました。
早めの宿入りをして宴会に備え、麦やら米から精製された飲料とともにカラオケ大会で盛り上がり、その日は幕を閉じました(笑)

≪三日目≫
いよいよ最終日を迎え、ゆっくりめの出発でスタートしました。
休憩を取りつつ車を進めて伺ったのは【馬籠宿】でした。
一度は焼失して再興された宿場町で、急勾配な坂道がありましたがその雰囲気を楽しみました。
少しバス移動して【金剛屋】という所で食事を取ったのですが、美味しい蕎麦と大将のお歌披露もあり、カラオケ好きな皆様には嬉しいサプライズだったように思えます。
最後はもう一つの宿場町【妻籠宿】へと伺い、ゆっくりと情緒ある町並みを散策し、中部国際空港へ向かって行きました。
途中ドライバーさんのお奨めで、ディズニーランド・USJと次いで日本で三番目に人が集まると噂の【刈谷ハイウェイオアシス】で休憩も挟んで帰路へと着きました。

今回も素晴らしいご縁を頂いたように感じております。
実は個人的に今月の山場を迎えておりまして、この後もご一行様二連発で高野山に参ってきます!
飲み過ぎ、太り過ぎに細心の注意を払いつつ(笑)お手伝いに徹して参りたいと思います。

当社ツアー「高野山と善光寺」も最終受付中ですので、ご興味あれば是非お願いします!!

写真:盛り上がってます!牛に引かれて善光寺






このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2019 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.