ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222
おかげ様で創業50周年

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

お遍路日記

第一観光TOP > お遍路日記 > 涅槃の境地へ〜其の六拾七、西安浪漫地区〜

2017年05月15日

涅槃の境地へ〜其の六拾七、西安浪漫地区〜


一ヶ月ぶりの更新となりました。
3月末に連休を頂き、大好きな米国バンドにどっぷり癒されたり、父母両家の墓参りをして先祖供養のため光明真言1,080貫ずつ唱えたりと、細胞が再構築されました吉田でございます(笑)
いつの間にか桜も散り、大型連休が過ぎてと…本当に人生は超音速でございます。
1秒でも楽しめるように、またお客様に楽しんで頂けるように努めて参りたいと思う次第でございます。

さて、過ぎ去るゴールデンウィークを後に『西安・青龍寺特別参拝』の旅に行って参りました。

兼ねてからこのブログでもお知らせ致しておりました「かえる寺中国巡拝団」(笑)の一員として添乗して参りました。
3泊4日の旅ですが、初日はとにかく食べ続けたという印象の移動日で、2日目より古都西安の地を満喫して参りました。

そんな西安初日は、世界三大美人といわれる楊貴妃のために作られた【華清池】を観光しました。
修学旅行生や他団体など人が溢れかえる観光地で、楊貴妃や皇帝専用のお風呂などを見学してきました。

その後は移動して、世界遺産【兵馬俑】へと伺いました。
始皇帝博物館で馬車と第1坑を見学して、昼食も同じ敷地内で頂き、午後も第2・3坑と続けて見学をして中国4,000年の歴史に触れて参りました。


[兵馬俑第1坑にて、壮大さを物語ます]

兵馬俑を出発し、次に【大興善寺】へと伺いました。
ここで一つ事件が起こりました。

前日から食べ物を食べ過ぎたのか、気合いが入り過ぎたのか、バスへ飛び乗った私から「ビリッ」という音が聞こえました。
よく見るとたわわに実った太ももがセクシーに露出されておりました(汗)
急いでガイドさんに縫って頂き無事ことなきを得ましたことをご報告しておきます(笑)

そんな個人的なトラブルはありましたが、ご住職であられる寛旭師と触れ合いつつ、本堂において九州八十八ヶ所百八霊場公認先達の国武師の教頭でお勤めもさせて頂きました。
その日の晩は何と寛旭師を交えて精進料理のお店で夕食です!
普通ではあり得ない方と精進とは思えない創作料理をご一緒しながら楽しい夜がふけていきました。

3日目の朝を迎えると一番で【青龍寺】へ伺い、九州八十八ヶ所百八霊場3番札所・如意輪寺の原口僧正を先達に特別参拝させて頂きました。

日本の各地八十八ヶ所“0番札所”にも定められた地で、寛旭僧正とともに法要が執り行われました。
この地で恵果阿闍梨とお大師さんが出会わなければ、ここで参拝している方々も出会うことが無かっただろう…そんな歴史の浪漫とご縁の深さを感じると、目頭と胸が自然と熱く熱くなりました。


[恵果阿闍梨様と空海様像]


[寛旭師より直接お加持を受けるお客様]

寛旭師より直接お加持までして頂き、言葉では語り尽くせない素晴らしい経験をさせて頂きました!

感動の参拝後は、世界三大斜塔と言われる【大雁塔】、そして昼食を挟んで【書院門】や【西安城壁】など名所を巡りホテルへと帰りました。
30度を超える暑さにホテルへ一時避難して、最後は皆大好きお買い物タイム(笑)とそのまま餃子の夕食を頂いて最後の晩餐を楽しみました。

特別なトラブルも無く旅は終わりを迎えるかと思いきや、西安→上海便の出発が大幅に遅れ、上海→福岡便の乗換50分程とバタバタ劇が終盤に待ち受けておりました(涙)
更には福岡空港に着いて荷物を待っていると怪しい雲行きとなり、荷物が未着の方(いわゆるロストバゲージ)が発生致しました!
最後の最後まで修行をさせて頂いたので、さぞかし御利益を頂いたのではなかろうかと今は思っております。
ちなみに未着のお荷物は翌日昼過ぎには無事返ってきて、皆様のお手元へ届ける手続きが行われました。

普通では体験出来ない特別な日々を経て、もっと精進しないといかんなと思いました。
ありがたいことに今月はもう一回西安に行かせて頂きます!
その時はくれぐれも何も起こりませんことを心よりお祈り申し上げます(苦笑)
素晴らしきご縁に感謝、謝謝!!






このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2018 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.