ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222
おかげ様で創業50周年

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

お遍路日記

第一観光TOP > お遍路日記 > フェリーで行くお遍路の旅!

2018年03月27日

フェリーで行くお遍路の旅!


皆さまこんにちは。
寒かった冬も終わり桜満開、お遍路シーズンの到来です。
ご存知ですか?「遍路」は“春の季語”なんですよ。
第一観光のお遍路ツアーもこの春たくさん出発します!

そんな中、本日はコースの紹介ではなく、巡礼地へ向かう交通手段【フェリー(阪九フェリー)】の紹介です。

乗られたことのない方にとっては、
<お遍路の前にまずフェリーが心配だわ…>
そんな不安をお持ちの方も多いんではないでしょうか。

例えば…

・フェリーは揺れるんじゃないかな、酔わないかな…
・食事やお風呂はどうなんだろう…
・狭い部屋に男女一緒に入るんじゃないの?

添乗員として何百回と阪九フェリーに乗った私がしっかりと回答させて頂きます。

【フェリーの揺れ・船酔いについて】
回答:まず船酔いの心配は要りません。

(あくまでも私見ですが)私自身、長い間お遍路添乗員として何百回の乗船、のべ何千名のお客さまとご一緒させて頂きましたが、船酔いで救護したことは一度もありません。
(※飲みすぎ介抱は除きます)
弊社が利用する阪九フェリーは1万トン級、瀬戸内海を航行する旅客船で最大の船です。
多少の風雨などではビクともしません!



船特有の大きな波長の揺れもないと言っても過言ではありません。
加えて、おだやかな海で有名な瀬戸内海、時間によっては“動いてるの??”と思うこともあるぐらいです。
よくフェリーの通路にかけてある『ご気分のすぐれない方はご利用下さい』の黒いビニール袋、この袋もありません。
そのくらい船酔いの心配はないのです。
どうぞご安心してお越し下さい。

※それでもフェリーがどうしても…と言われるお客さまは【新幹線で行くコース(一カ国参り)】もありますので、お問い合わせ下さいね。

【お食事について】
回答:船内には大きなレストランがあります。



その場で調理した温かい料理がたくさんあります!
おでんやステーキ、お刺身、煮物に豚汁、酒の肴各種、サラダにフルーツ、デザート、お飲み物として生ビール・各地の地酒、ソフトドリンク…目移りしてしまう程あります!
目の前に並んでいるので、好きな物を取って最後に会計するシステムです(一部オーダー制の物もあります)。
手ぶらでやって来ても全く問題ありません♪

【お風呂について】
回答:船内には大きな展望浴場があります。



シャンプー、リンス、ボディーシャンプー完備、ドライヤーもあります。
ちなみに泉大津航路のフェリーには露天風呂もあります!
また、24時間利用できるシャワールームもありますので、こちらもどうぞ☆

明石海峡大橋をはじめとする大きな橋や、瀬戸内の島々、行き交う船を眺めながらのお食事やご入浴は、非日常を味わう事ができ、何だかちょっと特別な気分にしてくれます☆

【お部屋について】
回答:弊社のお遍路ツアーは基本料金の場合、2等(神戸航路)、スタンダード(泉大津航路)のお部屋になります。
その場合、お遍路ツアーに関しては「○○様は3番の場所をご利用下さい」などと枕割りをさせて頂きます。
乗船開始後猛ダッシュで場所取り…などは不要ですので、ゆっくり乗船できます♪
また、お部屋は男女別とさせて頂ております。
気兼ねなくお過ごし頂けると思います(お着替えやお化粧も大丈夫です)。
可能な限り部屋を提供してもらい、少しでも快適にお過ごし頂けるスペースにご案内できるよう努めています。
※ただし、GWやお盆の超繁忙期、他船のドック入りで減便運航の際は、やむを得ず相部屋とさせて頂くこともございます。
その際は予めご案内致します。
また、追加料金でお部屋のランクアップも出来ます。
お遍路ツアーにお申し込み頂いたのち、発送する書類の中に案内を同封しておりますので、ご参考にされて下さい。

往復のフェリーでお友達ができ、輪が広がっていきます。
皆さんでお食事やご入浴、おしゃべりに花を咲かせ楽しいひと時をお過ごし頂けます。
「フェリーの時間が楽しみ」
「お遍路帰りに船内で飲む1杯がたまらなくおいしい!」
そうおっしゃられるお客さまも多いですよ。

≪お遍路もフェリー旅も両方楽しい!≫

そんな第一観光のお遍路です。
皆さま、どうぞお越し下さい!お待ちしております!






このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2018 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.