ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

お遍路日記

第一観光TOP > お遍路日記 > 北陸のカニ!永平寺!兼六園!

2019年02月05日

北陸のカニ!永平寺!兼六園!


お遍路ブログをご覧の皆様、こんにちは。
お遍路係シバタです!
毎日寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、2019年を迎え第一観光のお遍路係も春のお遍路の旅に備え、準備期間中でございます。
私、シバタも入社いたしまして、ようやく1年が経とうとしております。
初めは巡礼の旅に戸惑っていましたが、常連のお客様や先輩方に優しく教わり、日々勉強させていただきました。
みなさま本当にありがとうございます。
また、巡礼の旅に係わらず、私が企画したご旅行にご参加いただきましたお客様に心より感謝申し上げます。

今回のブログでは、私の企画『ナイトシリーズ』より、1月に催行いたしました

【第6弾 味の北陸!カニ姿一枚付会席と永平寺・雪吊の兼六園】

を紹介いたします。

北陸は冬の味覚の宝庫、カニ、甘エビ、越前そばなど。
また、この旅では北陸の名所見所をまわりました。

まずは福井県の南部、『越前岬』へ。
越前市、ここは日本水仙の三大群生地のひとつ、越前水仙が有名です。
雪が降る中に凛とたたずむ、その姿はまさに可憐で観光客を魅了します。





やはり日本海の北陸は寒い!
でもその寒さにも負けない水仙に私たちも励まされました!

続いて福井県の寺社といえば、禅寺『大本山・永平寺』。
日本曹洞宗の中心寺院で、現在でも七堂伽藍では修行僧が厳しい修行を営んでいます。



厳かな雰囲気が漂よい、私たちの気持ちもどこか「きりっ」と、姿勢を正していました。

次に向かうは、福井県勝山市へ。
近年話題のB級スポット、越前の出世大仏が鎮座する『大師山清大寺』を見学に参りました。

勝山市出身の多田清という方が全財産を注ぎ込み建てたといわれるこのお寺。
今回、ご住職が楽しくご説明、ご案内をしていただきました。
このお寺の感想は、とにかくスケールが「でかい」の一言!
下の写真をご覧ください。
とにかく大きいのです。
お客様も大仏様を目の前に「うわぁー、すごい!」と驚かれていました。





実は、私も初めて訪れましたが、どうしても行きたかった場所のひとつでございました。
このたび往訪が叶い本当に感謝です!

観光1日目の最後は『はたや記念館ゆめおーれ勝山』へ。
勝山市は、昭和時代はた織りが盛んに行なわれており、その時代に活躍した織物関連の機械が展示、稼動しています。
建物は近代化産業遺産に認定されており、臨場感たっぷりの館内をご案内係の方にご説明していただきました。



1日目より見所たっぷり、お客様だいぶお疲れのご様子。
しかし、メインはこの後!
ホテルの夕食では待望の『ズワイガニ!』。
ビール、お酒を片手に乾杯!!







慣れないお客様は剥くのがムズカシイ…でも、どこか楽しそうにされていました。
味はすごく美味!
この時期だからこそのご褒美でした!
お客様も大満足していただけたご様子でしたよ。

観光2日目も大変良い天気に恵まれました。
今回のメインの目的地でもある、石川県金沢市へ一路バスで出発です。
日本三大名園のひとつ『兼六園』では雪吊りが有名な名所です。
天気があまりに良すぎて、雪が積もった唐崎の松は見られませんでしたが、思い思いにお客様、自由に散策を楽しんでいただけたようです。



そして観光の最後は、昔の面影をとどめた古い町並みが残る『ひがし茶屋町』へ。
美しい出格子がある建物「木虫籠(キムスコ)」が立並ぶ、和の雰囲気をたっぷり楽しむことの出来る観光名所です!



今ではおしゃれなカフェや天皇家ご用達の老舗お菓子屋さんなどもあり、ショッピングを楽しめます。

今回もご参加いただきましたお客様、誠にありがとうございました!!
これからも新しい名所やグルメを発信していきたいと思います。

2月・3月の一押し企画はコチラ!!

B781 朝護孫子寺 信貴山寅まつりと秘仏ご開帳


A251 平成最後の両詣り 熊野三山と伊勢神宮


その他にも、魅力あるコース多数ご用意しております!
ぜひ、お友達やご家族などにご紹介いただけたら大変、ありがたいです。
今後とも第一観光の御利用を宜しくお願い致します。






このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2019 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.