ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222
旅を楽しむ為の6つの安心

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

お遍路日記

第一観光TOP > お遍路日記 > 涅槃の境地へ〜其の特番、役滅の遍路〜

2020年04月06日

涅槃の境地へ〜其の特番、役滅の遍路〜


世界中に猛威を振るう新型コロナウィルスと人類との闘いが日々続く中、皆様方のご体調が健やかであることを願うばかりでございます。

コロナの影響で、当社も4月の巡拝ツアーを全て取り止めることとなり、沢山のお客様にご迷惑をお掛けしましたことをこの場を借りてお詫び申し上げます。
一件一件中止の連絡をお入れする中で、
「延期でもまたお参り出来るのを待ってるよ!」
「代替日に変更しておいて、絶対行きたいから!」
と心強くありがたいお言葉を何度も頂いて、我々の方が励まされるようでした。
頂いた希望の光が広がってゆくように精進していきたいと思っております。

さてそんな状況下ですが、我が吉田家において少し変化があり、小学4年生になった長女が離島の漁村留学ということで1年間親元を離れることとなりました。
月に一度は帰ってくるし、海の無い環境で生まれ育った私にとっては、非常に羨ましくも素晴らしい経験になるだろうと、不安よりも期待を胸に送り出しました。

その出立前の思い出作り並びに蔓延する病魔退散を祈願しに、長女長男と一緒に『篠栗八十八ヶ所』のプチ歩き遍路に行ってきました。
特別な計画性は持たずに参ったのですが、私の干支守り本尊である"阿弥陀如来"さんから打ち始め、病を拭ってくれる"薬師如来"さんで打ち納めたのも何かのご縁であったように感じます。

桜も綺麗に咲く境内を参拝していると、お四国参りでご一緒したお客様ともばったりお会いしてびっくりでした!
お客様曰く
「今日はすごい開運日だったので、コロナ収束祈願で参拝しているんだ」
とのことで、そんなご縁にお参り出来たのも喜ばしいことでした。

子供達には一ヶ寺ずつどんな仏さんが奉られてて、どういうご利益があるのかなど伝えてメモを取らせましたが、ただ歩かされて楽しくなかったかもしれません。
しかし仏さんは手を合わせる姿をしっかり見てくれて、困難にぶつかった時に支えてくれるものと私は考えております。

悪い宗教の教祖じみてきましたのでこの辺でやめにしますが(苦笑)
当社としては5月から再出発の巡拝ツアーをいくつか設定致しております。

【第一回を5月から再スタート】

今後の状況次第でお客様の安全を第一に催行判断をしますが、無理なくお客様が集まって頂けたらいつでも動き出せるように万全の体制で臨みますので、お客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。

最後に偉人達の言葉を借りて…
「だめだこりゃ!」ではなく「だいじょうぶだぁ!!」と言える日が1日でも1秒でも早く来ることを祈念致しております。

写真1:南蔵院涅槃像前で煎餅と記念の一枚


写真2:74番札所・城戸病奪り(やみとり)薬師堂


お薬師さん、収束を心より祈念しております!






このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2020 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.