ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222
旅を楽しむ為の6つの安心

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

お遍路日記

第一観光TOP > お遍路日記 > 涅槃の境地へ〜其の七拾弐、冥利に尽きる〜

2020年06月30日

涅槃の境地へ〜其の七拾弐、冥利に尽きる〜


徐々にではございますが、日常を少しずつ取り戻しつつある今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は不本意ながらお休みを沢山頂き、すっかり自宅の専属草刈師と化しております(苦笑)

雑草は何度抜いても、文字通り根刮ぎにしてもいつの間にか青々と顔を出してきます。
彼らはまるで『諦めることなくいつまでも何度でもチャレンジしろよ』と語りかけているようにも感じました。
私の大好きなパンクロッカーであるTHE BLUE HEARTSも自分達のテーマソングで
「諦めるなんて死ぬまで無いから…」
と歌っていたので、こんな時だからこそ"耐える"から"多得る"へとプラスに変換して頑張る決意を固めるヨシダでした。

さて、しばらく停止していたバスツアーもだんだんと動き出し、その先発隊としてお遍路さん達が動いて下さいました!
というのも、お遍路ツアーは一回で一周するものは少なく、だいたいが数回に分けて巡拝して頂くことが普通だからです。
今年の3月までは継続出来ていたツアーもお休みせざるを得なくなり、安全対策に配慮しお客様の強いご要望に応えるべく何本かのツアーを催行させて頂きました。

私は去年の秋からスタートした「第八回四国八十八ヶ所巡礼」の旅へ同行致しました。
こちらは全九回に分けておりますので、結願までもう一歩という71〜83番までを無事参らせて頂きました。

私自身は去年9月の第一回に添乗したきりで、正直どんなお客様とご一緒するのか不安な気持ちがありました。
しかし同行してみると、回を重ねてきたお客様同士が仲睦まじく一つの"輪"が出来ているように感じられました。
これぞ続きものであるお遍路ツアーの真髄で、第一観光冥利に尽きる感慨深いものでした。
そして私が第一回でご一緒したお客様も途絶えることなく続けて下さっていて、添乗冥利にも尽きる感じでございました。

まだまだ改善しなくてはいけない所や考える所があるとは思いますが、一人でも多くの方が喜んで頂けるように社員一同取り組んで参ります。
今後ともどうぞよろしくお願い致します!!


写真1:81番札所・白峯寺
普段とは違う時期に行く楽しみ、紫陽花がキレイでした


写真2:73番札所・出釈迦寺
お参りもソーシャルディスタンス


写真3:昼食風景
ソーシャルディスタンスだけどとっても仲良しなお客様


写真4:阪九フェリーのふねこ
ふねこもマスク着用でした(笑)






このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2020 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.