ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222
[特報]カード決済割引あり

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

お遍路日記

第一観光TOP > お遍路日記 > 切り絵de仏画ツアーで「仏様のお顔」にチャレンジ

2021年11月05日

切り絵de仏画ツアーで「仏様のお顔」にチャレンジ


こんにちは、第一観光ニシムラです。
10月10日出発分の旅のご報告です。
本年第二弾となる「切り絵de仏画」、緊急事態宣言に伴うスケジュール変更のため催行が10月になりました。

さて、これまでの回は「梵字」や「干支」に挑戦してきました。
今回は「仏画」のタイトル通り、まさに『仏様のお顔』にチャレンジなのです!!
その栄えある第一号は「不動明王(横顔のシルエット)」で、皆さんが目指したのはこちらです。



早速、作業開始!
黙々と作業を行っている中で、たまに「へぇ〜、ここ難しい…」などの声もちらほら。
私は(御朱印の途中でしたが)思わず気になって皆さんの様子を見に行くと、中には少しばかり難しい表情されている方も…
例えて言うならば「本物のお不動さんに負ないくらい眉間にシワが…」という感じでしょうか。
「頑張れ!頑張れ!」と心の中で応援しながら、私も御朱印の続きに戻りました。

スタートして30分ほどで半分くらいの方が切り終えましたが、これまでにない疲れと充実感が混じった表情を浮かべていらっしゃいました。
完成を急ぐ方の時間調整のため、辻さんが次回のテーマ案内をして下さったり、「あと一息」という方の手伝いをして下さったりと、端から見ても「教える側は大変そうだなぁ」と感じました。



何とか時間内に終え、一休み。
皆さん、疲れているのに、要領よく片付けにご協力下さいました。
また、随分と頭をフル回転させながらの作業でしたから、「甘〜いお菓子のお接待」には笑みをこぼしながら口に運んでいました。
この日は季節外れの暑い日でしたが「冷たいお茶は助かるぅ〜」という声もありました。
お寺の気遣い、心配りは本当にありがたく思いました。
そして、気分を引き締め、いつも通りに「家内安全」の祈願・読経を行った後、バスは糸島を目指しました。

糸島では、まむしの湯でご昼食。
コロナ対策がしっかりしてあって、皆様横並びに一列にずらっと座る方式でした。
その中でも「お不動様は難しかった…」など色々な話でほっとした感に満ち溢れて和やかムードでした。

最後はイカ丸に乗って七つ釜遊覧クルーズです。
まずはクルーズ船で、ガイドをお楽しみいただきながらの30分の船旅です。
洞窟近くになると船長さんが「動いてもいいですよ」とアナウンスがありました。
突然視界が明るい世界から暗い世界に入り、お客さんのどよめきがあり、スリル満点でした。
天気も良好で、洞窟の中入り快適な船旅を満喫しておりました。
自然が作った造形美に洞窟の入れるギリギリまで近づき、奇岩が目の前まできて圧倒されました。

切り絵ツアーの魅力は、自分で作って達成感を感じ、ご昼食時に達成感に満ち溢れた切り絵の話で和み、最後は観光までお楽しみいただいて、自分で作った切り絵を持って帰れるというところだと思います。
今回も沢山のご参加ありがとうございました。
厚く御礼申し上げます。
毎年6月・9月・12月の三弾に分けてします。
パンフレットが出来次第ご案内させていただきます。
お友達お誘い合わせの上お越し下さい。






このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2021 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.