ツアー専門:092-271-0044宿泊専用:0120-489-222

九州・山口の観光スポットが満載

バスツアー専門旅行社「第一観光」ならではのプランが満載

バスツアー

第一観光TOP > お遍路の旅 > [19年秋発] 第一回 飛騨三十三観音霊場<バス遍路・フェリー利用>

B871


[19年秋発] 第一回 飛騨三十三観音霊場<バス遍路・フェリー利用>



旅行代金 49,800〜55,400 出発地 福岡発 旅行日数 4
回数 第1回 寺数 計11ヶ寺 札所 1〜10・18番
料金説明

[小倉・新門司発]@49,800円 / [博多・久留米発]@52,200円 / [熊本・長崎・佐賀発]@55,400円
※朝1、昼2(うち弁当1)、夕1付
※拝観料、小型バス代、往復フェリー2等乗船代含む
※宿泊は基本男女別相部屋利用
※[2名様個室利用]@4,000円増 / [1名様個室利用]@8,000円増
※子供(小学生):大人と同料金

旅行代金 49,800〜55,400
出発地 福岡発
旅行日数 4
回数 第1回
寺数 計11ヶ寺
札所 1〜10・18番

料金説明

[小倉・新門司発]@49,800円 / [博多・久留米発]@52,200円 / [熊本・長崎・佐賀発]@55,400円
※朝1、昼2(うち弁当1)、夕1付
※拝観料、小型バス代、往復フェリー2等乗船代含む
※宿泊は基本男女別相部屋利用
※[2名様個室利用]@4,000円増 / [1名様個室利用]@8,000円増
※子供(小学生):大人と同料金

イメージフォト

6番札所「宗猷寺」の観音様と、1番札所「飛騨国分寺」の円空上人作の弁財天。霊験あらたかな観音様をはじめとする様々な仏様と御縁を結び、令和最初の秋を幸多いものとしましょう。

江戸時代に郡代・代官が治政を行った陣屋。当時の主要建物が今も残る国の史跡「高山陣屋」にもご案内します。江戸幕府は25代の代官、郡代を派遣し、飛騨の国を176年間支配しました。

T/Cよりひとこと

飛騨の大自然に囲まれて、師から弟子へ脈々と受け継がれる観音の寺。はるか千古の昔から護られてきた寺々の凛とした佇まい。木々の間を吹き抜ける風も心地よい、かつて円空上人が歩いたであろう道を行く飛騨の観音さま巡りです。総走230kmの道のりを進めていけば、鳥の声、道端の石仏、名も知らぬ草花などがいつも近くで囁きかけます。きっとそのそばでは飛騨の観音様がやさしく見守ってくれているはず。この秋、広大な飛騨の地の伝統・文化に出会いにぜひ足をお運びください。

  • 6番札所「宗猷寺」の観音様と、1番札所「飛騨国分寺」の円空上人作の弁財天。霊験あらたかな観音様をはじめとする様々な仏様と御縁を結び、令和最初の秋を幸多いものとしましょう。
  • 江戸時代に郡代・代官が治政を行った陣屋。当時の主要建物が今も残る国の史跡「高山陣屋」にもご案内します。江戸幕府は25代の代官、郡代を派遣し、飛騨の国を176年間支配しました。

  • 飛騨の大自然に囲まれて、師から弟子へ脈々と受け継がれる観音の寺。はるか千古の昔から護られてきた寺々の凛とした佇まい。木々の間を吹き抜ける風も心地よい、かつて円空上人が歩いたであろう道を行く飛騨の観音さま巡りです。総走230kmの道のりを進めていけば、鳥の声、道端の石仏、名も知らぬ草花などがいつも近くで囁きかけます。きっとそのそばでは飛騨の観音様がやさしく見守ってくれているはず。この秋、広大な飛騨の地の伝統・文化に出会いにぜひ足をお運びください。
  • 6番札所「宗猷寺」の観音様と、1番札所「飛騨国分寺」の円空上人作の弁財天。霊験あらたかな観音様をはじめとする様々な仏様と御縁を結び、令和最初の秋を幸多いものとしましょう。
  • 江戸時代に郡代・代官が治政を行った陣屋。当時の主要建物が今も残る国の史跡「高山陣屋」にもご案内します。江戸幕府は25代の代官、郡代を派遣し、飛騨の国を176年間支配しました。

T/Cよりひとこと


飛騨の大自然に囲まれて、師から弟子へ脈々と受け継がれる観音の寺。はるか千古の昔から護られてきた寺々の凛とした佇まい。木々の間を吹き抜ける風も心地よい、かつて円空上人が歩いたであろう道を行く飛騨の観音さま巡りです。総走230kmの道のりを進めていけば、鳥の声、道端の石仏、名も知らぬ草花などがいつも近くで囁きかけます。きっとそのそばでは飛騨の観音様がやさしく見守ってくれているはず。この秋、広大な飛騨の地の伝統・文化に出会いにぜひ足をお運びください。

ツアーのポイント

【9月出発】第一観光としては初企画となる「飛騨三十三観音霊場」の旅。雄大な北アルプスを背に歴史・文化の香りただよう飛騨の霊場めぐり、全3回でご案内いたします。かの円空上人が晩年を過ごした飛騨の地で、霊験あらたかな巡礼の旅をお楽しみください。
第一回コースでは1番札所「飛騨国分寺」より打ち始め、10番札所「霊泉寺」および18番札所「恩林寺」までの11ヶ寺をお参り。国史跡に指定される飛騨の代官役所「高山陣屋」にもご案内します。

設定日カレンダー

前月
2019年9月
次月
1 
  
  
2 
  
  
3 
  
  
4 
  
  
5 
  
  
6 
  
  
7 
  
  
8 
  
  
9 
  
  
10 
  
  
11 
★催行見込
 受付中 
 
予約する
 
12 
  
  
13 
  
  
14 
  
  
15 
  
  
16 
  
  
17 
  
  
18 
 受付中 
 
予約する
 
19 
  
  
20 
  
  
21 
  
  
22 
  
  
23 
  
  
24 
  
  
25 
  
  
26 
 受付中 
 
予約する
 
27 
  
  
28 
  
  
29 
  
  
30 
  
  
         
【催行状況】
★催行見込 ツアーの催行(出発)が確定又はほぼ確定しています。
(その後の予約状況により変わる場合があります)

※お問合せ WEB受付終了。お電話にてお問合せ下さい。
【募集状況】
満 席
現在満席ですが、キャンセル待ち受付可能です。お電話にてお問合せ下さい。
残席わずか
残席わずかです。お急ぎ下さい!
受付中
ご予約可能です。どしどしお申込み下さい!
※カレンダーの受付状況は、 前日または数日前の情報となります事をご了承ください。※「受付中」と表示であっても、空席状況により、キャンセル待ちとなる場合があります。

催行状況・予約状況
★催行見込 ツアーの催行(出発)が確定又はほぼ確定しています。
(その後の予約状況により変わる場合があります)

※お問合せ WEB受付終了。お電話にてお問合せ下さい。
満 席
現在満席ですが、キャンセル待ち受付可能です。お電話にてお問合せ下さい。
残席わずか
残席わずかです。お急ぎ下さい!
受付中
ご予約可能です。どしどしお申込み下さい!
※カレンダーの受付状況は、 前日または数日前の情報となります事をご了承ください。※「受付中」と表示であっても、空席状況により、キャンセル待ちとなる場合があります。

ツアー日程

[1日目]
各地(11:05〜13:40)/博多駅(14:40)/小倉駅(16:10)---新門司港(17:30)〜〜〜阪九フェリー2等〜〜〜<船中泊>


[2日目]
〜〜〜泉大津港(6:00)---自動車道---1:飛騨国分寺(打ち始め)---ご昼食(小型バスに乗り換え)---2:相応院---3:雲龍寺---4:素玄寺---5:善応寺---6:宗猷寺---7:清伝寺---飛騨高山温泉<泊>


宝生閣 TEL:0577-34-0700(和室)
又は同等クラス


[3日目]
ホテル---8:正雲寺---9:大幢寺---10:霊泉寺---18:恩林寺---高山陣屋(全国で唯一建物が現存する代官所の遺跡)---神戸港(20:00)〜〜〜阪九フェリー2等〜〜〜<船中泊>


[4日目]
〜〜〜新門司港(8:30)---小倉駅(9:20頃)/博多駅(10:40頃)/各地(11:20〜13:45頃)


[長崎・佐賀発着 9/18,26]
長崎駅(11:05)-諫早駅(11:35)-大村IC(12:00)-川登SA(12:30)-佐賀駅(13:20)-金立SA(13:40)---上記行程---金立(11:20頃)-佐賀(11:40頃)-川登(12:20頃)-大村(12:50頃)-諫早(13:15頃)-長崎(13:45頃)

[熊本・久留米発着 9/11]
熊本駅(11:50)-市民会館前(12:00)-植木きくかわ(12:25)-玉名PA(12:40)-西鉄久留米(13:40)---上記行程---久留米(11:20頃)-玉名(12:10頃)-植木(12:25頃)-市民会館(12:45頃)-熊本(12:55頃)


備考

※当ツアーにはバスガイドは同行いたしません。
※添乗員同行。
※宿泊先のお部屋割りは、基本的に男女別の相部屋利用となります。
※2名様1室利用はお1人様4,000円追加、1名様1室利用はお1人様8,000円の追加で承ります。ご希望の方はお電話にてお申し付け下さい。なお、部屋数に限りがあるため、状況によりお受けできない場合があります。
※最少催行人員は25名様(各地送迎ルートは18名様)です。人員が満たない場合は出発中止となります。
[利用予定バス会社]大川バス又は同等クラス


注意事項

◆阪九フェリー◆
・往復とも2等部屋利用、男女別相部屋となります。
・船室の等級変更も可能です(追加料金要)。詳しくはお問合せ下さい。
・船内は自由食。レストラン・大浴場があります。
※新門司港集合も可能ですが、港への車の留め置きが出来ませんのでご注意下さい(送り迎え等の乗降は可、駐車は不可)。

※巡拝時の荷物は、両手が使えるようにショルダータイプのバッグがあると便利です。
※動きやすい服装・はきなれた靴でご参加下さい。

このお遍路を見ている方におすすめのお遍路


このページの先頭へ

PAGE TOP

※サイト内の写真・イラストは全てイメージです

Copyright© 2019 Daiichikanko K.K. All Rights Reserved.